黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    深沢清 (04/18)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    光 (04/17)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
小説「老年F」vol.1
「改めて考えてみると、
俺の一生はずっと『あっちにいけ』と言われ続けた生涯だったねえ。」
古川爺さんは私に語った。

古川慶が生まれた1941年、すでに日中戦争状態であったが、
さらに戦争が泥沼化していく状況は避けられない政治状況が継続していた。
そんな一年に生まれた子どもの数は157万6千人と、
社会不安を反映してか、その前後では最も少ない数である。

「俺が生まれた時分こそ、母ちゃんは可愛がってくれたらしいけど、
もう学校に行く頃からは、『早く外に出て働け』って感じよ」

古川が育った環境は、敗戦後復興が叫ばれる中で子供は毎年増え続け、
引き揚げ軍人も多く国民全体が飢えに喘いでいた。

古川家は、小さな田んぼと畑を持っていた百姓だったが、
家族で食べる分を除いて他人に売れる食糧は僅かなもので現金収入は乏しかった。

古川爺さんよりも13歳年下の私の母も、子供の頃は、
「農家では子供も立派な労働力だったよ」と、
昔を振り返るが、それはそこそこ土地の広かった山村だからこその昔話である。

古川の育った佐賀の土地では、周囲はそれなりに開けていて、
大きな土地を持つ百姓も多かった。
そのため、小さな田んぼ持ちの百姓は、
自らの力で土地を拡げられる可能性が限られていた。

そんな鬱屈とした環境や、
大して子供にも教育を施そうとしない父兄を見ながら
冷めていた古川少年は幼い頃決意する。


俺はこの田舎を離れて都会で働くぞ。と。

JUGEMテーマ:小説/詩
小説「老年F」プロローグ
「わしのことを語っても何も面白いことはない。」爺さんはよくそう言う。

現在72歳の古川慶は、
日本の歴史に名を刻んでいるわけでも、特異な過去があるわけでもない、
お金に余裕があるわけでもない、
佐賀県の片田舎の普通の爺さんである。

彼は、昭和16年(1941年)10月26日、
まもなく日米開戦というタイミングで生まれた。

物心が付いた頃には戦争が終わり、
高度経済成長期に金の卵と言われた世代に混じって働き、
バブル経済に翻弄されて浮き沈みした。

その後、年金受給年齢になったものの、
社会保障制度の行き詰まりで彼らの生活の糧は、
今後盤石とは言い難いのが現実である。

彼は、戦後日本の大変革期を時代に翻弄されながら生きてきた。
その時その時で、自らの考えに合わず社会に抗いもしたが、
結果として彼が思ったようには時代は進まなかった。

彼の生きた時代を振り返ることは、
何処と無く閉塞感漂う現代日本の様々なきっかけを振り返ることに他ならない。

彼らの世代が残してきたものが、
現代社会に高く蓄積してしまってゴミのようになったことが、
今の若い世代を生きにくくしている側面もある。

一方で、彼らが築いてきたもので、
たった数十年で忘れられてしまったものも沢山存在し、
そこには今後の日本を見つめ直すヒントが溢れている。

全く拙い文言で、老年Fの生き様にどの程度迫れるか、
極めて不安だが、物語を始めてみることにする。

次の日本の希望を彼に託しながら。

JUGEMテーマ:小説/詩 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.