黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
さよなら黒木町
さよなら国鉄矢部線から25年。
ついに八女郡黒木町も終焉の時を迎えました。

人口は15000人未満ですが、福岡県で一番の面積を持つ町でした。
農業林業が主産業で最大の雇用主は町役場としう典型的日本の田舎町でした。
私は、そこにあった県立病院で生まれましたがすでにこの病院はなくなりました。

町には、国民年金保養基地のグリーンピアがありますが、開業当時から現在に至るまで、採算は悪い状況です。

この町には、鎌倉時代にお城がありましたが、室町以降は他地域の支配下に置かれ続けました。

福岡、大分、熊本の県境が程近い町で、戦争後には林業で賑わった町だそうです。

子供や20代30代の若い人々は減り続ける一方です。

けれども、アクセスだったり自然環境は都会の人々が田舎を体感するには程よい環境だと思います。

八女市に吸収される形になりますが、そのよさを生かして、新しい地域のあり方を見出して欲しいと思います。
コメント
from: jogo   2010/02/03 9:01 AM
八女市、北九州市に次いで
福岡県内で大きい市になりました。

ただ、面積が大きいだけの市町村にならず、
話題性が大きい街になってほしいものです。

そして、私たち関係者がそうしていかないといけないですね。
from: Kinoppy   2010/02/02 10:28 PM
ようこそ。
そして、これからもよろしく。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.