黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
江藤新平-増訂版- 毛利敏彦著(中公新書)読了

江藤新平、佐賀の乱で死刑になった人でしょ?

そんな認識の方は、まず一読してください。はっきりいいます。レッテルです。


同著で、私が江藤の行動にもっとも関心を持ったのは自治に関する施策です。

以下第一章から引用です。

------

さらに、江藤は、民政全般にわたる開明的な近代化政策を立案した。

佐賀大学教授杉谷昭氏によって学界に紹介された「民政仕組書」には、

「村仕組」「村寄合規則」「町仕組」「町組合規則」「市令郡令職制」

「郡政規則」「商社の大意」「工社の事」「陶器仕組の事」「繁昌の仕組」

「飛脚屋の仕組」「証印税の仕組」の十二項目にわたる詳細な腹案乃至計画と、

「貧院の事」「老幼院の事」「病院の事」「学校の事」の四項目が挙げられている。


まず、「村仕組」の冒頭で、「一町一村の仕組みが行き届かざれば、

闔国(こうこく)の民事整わず候。民事整わざれば、四民安堵の基本立たず候」

と宣言されている。ここでの「一町一村の仕組み」とは、

町村毎の住民自治組織を指すから、

江藤によれば、住民自治こそ「四民安堵」の基本だったわけである。

------


上記は、一度東京にて活躍した後に、佐賀に呼び戻され、

明治維新下で、藩が亡くなる過程で「県」としての政治体制に

移行する際に、江藤が活躍して政治システムが形成される初期段階の施策です。


それから、140年が経過した日本においても、未だに住民自治のあるべき姿が

模索されている今日この頃、果たして江藤新平に及ぶべき政治家が、

どの程度存在するのかと、大変考えさせられたトピックであり、

まさに明治維新に江藤という人が居た事の奇跡を考えさせられました。


私は、彼が生まれ育った佐賀(鍋島藩)の隣に位置する久留米藩(有馬)の

地域の出身ですが、江藤新平が明治の世の中に、貢献した事実については、

ほとんど知識を持っていませんでした。

しかしながら、まず、この毛利敏彦さんの新書一冊を読むだけでも、

どれだけ現在日本の仕組みづくりに貢献した人であるかを知るには十分でした。


もう少し、江藤が奮迅して形作った「この国のかたち」について考えながら、

今を生きていることの課題について考えていけたらと思った好著でした。

JUGEMテーマ:政治家

評価:
毛利 敏彦
中央公論社
¥ 798
(1987-05)
コメント:副題の悲劇を書いている本ではありませんので、あくまでも彼が今の日本に如何に貢献しているか、それを知るための本です。

江藤新平 | 00:33 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.