黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
江藤新平 急進的改革者の悲劇 毛利敏彦著読了
江藤新平、彼は明治初期に舞い降りた維新期の奇跡です。
司馬遼太郎氏が、坂本龍馬を幕末の奇跡と言ったのに対して、
毛利敏彦氏は、文中全体で江藤を巨人に仕立てています。
奇しくも、同じ佐賀県立図書館で同じ古文書に
向かい合ったであろう二人の昭和人が目に浮かびます。
江藤新平、そこまで一般的な知名度は高くない
佐賀県出身の幕末から世に出た人物ですが、
彼は今に生きる日本のカタチを作りました。
裁判署制度、
町内会、村などの地方自治体、
民法、非差別階級のない基本的人権などなど、
彼の構想のまま、21世紀の日本に存在するものは多々あります。
残念ながら、カタチだけで、
魂が抜けた仕組みが多いと言えなくもないのですが。

今の閉塞感漂う日本の仕組みを変えたいと思う。
一般的に、現代の諸外国の仕組みを概観する人が多いかもしれない。
しかし、この新書一冊に書かれている江藤新平の
民権思考をじっくり考えてみることのほうが有益だ!
以下本文中から彼の根っこの考えを表した文をご紹介。
------------
「元は、国の富強にあり。
富強の元は、国民の安堵にあり。
安堵の元は、国民の位置を正すにあり。
夫れなお国民の位置不正なれば安堵せず、
安堵せざれば其の業を勤めず、其の恥を知らず。
業を勤めず、恥を知らず、何を以て富強ならんや」
「いわゆる国民の位置を正すとは何ぞや。
婚姻、出産、死去の法厳にして、
相続・贈遺の法定まり、
動産・不動産・貸借・売買・共同の法厳にして、
私有・仮有・共有の法定まり、而して聴訟初めて敏正。
しかのみならず、国法精詳、治罪法公正にして、断獄初めて明白。
是を国民の位置を正すというなり」
JUGEMテーマ:幕末 歴史
江藤新平 | 12:32 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.