黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
議員さん、選挙落ちれば、タダの人
集団的自衛権行使容認に反対の声を上げる方に伝えたい。
デモをしたり、政府の姿勢を批判するのは必要だろう、
ただそれだけでは事態を変えることは出来ない。

政府の日本国憲法の解釈変更には、日本国憲法で立ち向かうしかない。

憲法前文の筆頭にこうある。
『日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、
わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、
ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。』

そう、現行政府、政権与党の姿勢に賛同出来ないのであれば、
別の考え方を持つ議員を国会に送り込む他に術はない。

安倍現総理は、幼い頃お爺さんの岸総理に向かって、
岸氏が安保闘争で頭を悩ませている最中で、
「あんぽはんたい」と子供ながらに茶化していたそうである。

そんな育ちをしてきた政界のサラブレッドに対して、
反対デモの効果は限定的である。

来年の通常国会では、集団的自衛権に関連する法案が次々に審議されるだろう。
そのタイミングで首尾よく、
自民党と公明党組織が四年で一番忙しい統一地方選挙が行われる。

自民党と公明党が支持する地方議員が議席を落とそうとすると、
自衛隊関連などの国会審議にも力が入らず、
国民の支持を得られる経済などの法律案を中心に議論することになる。

結局、今の国会議員の大半は、自らの議席を守ることや、
新たに確保することが第一なのであって、天下国家は二の次なのである。

ここを見落として、反対デモでもに死力を尽くしても、選挙の投票率は上がらず、
軍事関連予算を増やす法案は通るし、貧しい国民を省みる政策は進展しない。

田中角栄は、新潟の貧しい農村にある小学校卒だったが、
盤石な地元支持を取り付ける選挙必勝スタイルを確立し、
今太閤と呼ばれた程の政治権力を確保し、
全国の交通網整備に国家予算を投じて都市部と地方の格差是正を図った。
加えて、アメリカのエネルギー政策に依存しない資源確保を狙って世界中を行脚した。

今の日本ではデモで国家は動かないが、選挙で国家は動く。
幾らその影響が小さいものであろうと、
法案を練る官僚群を動かすのは、選挙で選ばれた国会議員なのである。

この事実から決して目を逸らさないこと。
それが集団的自衛権容認に反対する人々に求められる姿勢である。

日本国憲法 | 08:32 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2014/07/02 10:11 AM
形ばかりで実がないです。。。
from: 深沢清   2014/07/02 9:23 AM
良い文章です。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.