黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
朝日新聞問題の本質は、一つの組織としての崩壊である。
次から次に明らかになる朝日新聞の報道の不手際を巡る記事。
この大半のほころびは、内部告発者から出ていることが明らかになった。
今日週刊文春の任天堂社長報道を追求する記事を見ていただきたい。

私は、吉田調書を世にさらしたことも、
過去の自社報道を検証して慰安婦を巡る記事に誤りを認めたことも、
他新聞にはできかなかったことだと、報道姿勢には全く賛同をする。
しかしながら、ここまで様々な問題が続いていると、
どう考えても、事実を客観的に伝えるべき報道機関としては、
疑問を感じざるを得ないだろう。

とても分かりやすい軸で言えば、安倍政権に寄り添っているのは、
産經新聞と読売新聞である。
毎日、朝日、中日(東京)いずれの新聞ともに政権とは距離を置いている。
以下の自民党河野太郎議員のブログが分かりやすい解説である。

ABC協会が発表している数値によれば、それぞれの朝刊の発行部数は以下の通りである。
読売:9,561,503 (2014.1-6平均) 
朝日:7,433,577 (2014.1-6平均)
毎日:3,326,979 (2014.1-6平均)
日本経済:2,769,732 (2014.1-6平均)
産経:1,610,822(2014.1-6平均)
中日グループ:3,330,456(2013.7-12平均)

落ち着いて考えると政権よりではない新聞の発行部数の方が、
政権よりの新聞発行部数よりも多いのである。

だからこそ、新聞は自らの主張する基本的な考え方をしっかりと据え、
どのような姿勢でもって世の中に情報を発信していくのか、
記者の一人一人に求められなければならないだろう。
これだけ世の中が多様化しているなかで、各新聞記者の主張が
ぶれてしまうのは当たり前である。
だからこそ、何を守って、何を発信するべきではないのかは、
明確にタガをはめなければ、ただ単純に数日で消費されるニュースを
発信するだけの記者としての矜持が全く見られない記事の連発となってしまう。

政権寄りの新聞からも、政権の考え方に反する記事が出るのも当然だし、
政権に反対する主張を行っている新聞からも、政権に賛同する記事が出てもよい。
私が危惧しているのは、いずれもどちらの方針に固まった記事が多いことである。

新聞の意義は、何らかの情報を、記者の見識によって、読者に訴えるように、
色づけを行うことではなかろうか。
これだけ情報が情報源から発せられるようになった時代に、
新聞という情報加工機関が何をすべきなのか、問われているのではないか。

朝日新聞が世の中に注目されている事実は、決してこの一社に限るものではなく、
他の新聞にも問われている。
そのことをしっかりと踏まえた上で、
我々一人の読者も、各新聞に賛否両論を投げるべきである。
自らが求めたい、社会の鋭い切り口溢れるメディアを維持するためにも。
JUGEMテーマ:マスコミ・報道
メディア | 09:06 | comments(1) | - | - | - |
コメント
from: 深沢清   2014/09/14 10:30 AM
毎度鋭い指摘をする光ちゃんです。ハナマル。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.