黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
都道府県と同じ数の要警戒火山は全国に点在している
御嶽山噴火により、火山について関心が高まっている。
改めて、日本にどのくらい火山があるのかに興味を持った方も多いだろう。
以下気象庁の火山噴火予知連絡会がまとめた調査を基にして、
監視の対象となっている火山リストを紹介したい。
----------
気象庁常時監視火山対象リスト 47火山
(火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山)
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/kaisetsu/katsukazan_toha/katsukazan_toha.html
1.近年、噴火活動を繰り返している火山
過去数十年程度の間、頻繁に噴火している。
100 年以内の間隔でマグマ噴火を繰り返している。

『雌阿寒岳、十勝岳、樽前山、有珠山、北海道駒ヶ岳、秋田焼山、秋田駒ヶ岳、
吾妻山、那須岳、草津白根山、浅間山、新潟焼山、焼岳、御嶽山、
伊豆大島、三宅島、硫黄島、阿蘇山、霧島山、桜島、
薩摩硫黄島、口永良部島、諏訪之瀬島(23 火山)』


2.過去 100 年程度以内に火山活動の高まりが認められている火山
・地震活動 過去 100 年程度の山体浅部の地震活動
(マグマの動きに関連したものなど)
・地殻変動 過去 10 年程度のマグマ貫入等に伴う地殻変動
・噴気活動・地熱活動
過去 100 年程度の活発な噴気活動、地熱活動

『アトサヌプリ、大雪山、恵山、岩手山、栗駒山、蔵王山、
安達太良山、磐梯山、日光白根山、乗鞍岳、白山、箱根山、
伊豆東部火山群、新島、神津島、八丈島、鶴見岳・伽藍岳、九重山 (18 火山)』


3.現在異常はみられないが過去の噴火履歴等からみて噴火の可能性が考えられる
『岩木山、鳥海山、富士山、雲仙岳(4火山)』


4.予測困難な突発的な小噴火の発生時に火口付近で被害が生じる可能性が考えられる
『倶多楽、青ヶ島岳(2火山)』
----------

そう中国地方を除いて、北海道から鹿児島の離島まで
全国に噴火を警戒すべき火山が並んでいるのが日本列島である。
東日本大震災の揺れをもたらしたプレート境界にある日本列島は、
マグマが溜まりやすい場所に位置するために、火山が生み出されやすい環境にある。
このために、逆に優れた土地が形作られ、水は豊富であり、
沢山の農産物を得られるのである。

マグマを噴出していない今回の御嶽山噴火でも、
多くの人が犠牲になり、広範囲の土地に火山灰が降り注いでいる。
人間の記録が残る太古の時代に、
国内全域に火山灰を振り撒いた巨大噴火が阿蘇山などで生じたことが明らかになっている。

これまで恐ろしいものとしての認識が、
ごく一部しか捉えられなかった火山であるが、
雲仙普賢岳でも多くの方が犠牲になっていることを忘れてはならない。
一定限度の警戒が張られていたとしても、生活の身近にある火山は、
人々の生活に身近な余り、その危険性をついつい見落としてしまいがちである。

御嶽山噴火によって多くの方が失った命を無駄にしないためにも、
まずは火山に対して興味関心を持つことは日本人にとって有益なことではなかろうか。
JUGEMテーマ:火山
火山 | 08:45 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.