黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
少ない火山学者、少なくなる産科の先生
表題に掲げた二つの専門家は、日本に必要不可欠にも関わらず、
減る一方であり、新しくその道を選ぶ若者は減っている。

2001年の有珠山噴火の頃には、1200人ほどいた日本火山学会の会員数は、
現在1000人を割り込んでいる。
http://www.jpgu.org/dantai/dantai-mem05.html

また、多くの病院が産婦人科になっていることもあるが、
産科を主とする医師数は平成24年度でわずか456人しか存在していない。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/12/dl/kekka_1.pdf

全国に活火山が110も存在し世界的にも活発な火山活動地域であり、
少子高齢化が進展し子供を少しでも増やすためには
どうすれば良いか社会問題になるほどの国、日本。

しかし、それらを中心的に考えて、実際にアクションを取るべき
中心メンバーが絶滅危惧種であることは、案外知られていない雰囲気である。

御嶽山火山活動を解説する学者先生は、様々なテレビ、新聞などで
重なっていることが多いことに気が付いた方も多いだろう。
そう、自らの専門分野を基点にして、状況分析ができ、
なおかつメディアで解説できる火山学者は、実際に数十人レベルである。
(もっと少ないとのご批判が来そうな気がします。)

止まっているとは言え原子力発電所が、
全国に点在していて多くの利害関係者が存在する原子力学会は
7532人の会員数を維持している。
http://www.aesj.or.jp/introduction/H26-002.pdf

火山屋も、産科も決してお金になる仕事ではなく、
現在生きている日本人の一生に関わる時間はほんの僅かである。

しかしながら火山学で言えば、雲仙普賢岳の太田一也先生、有珠山の岡田弘先生のように、
長い時間その専門分野で研究に従事し、住民との連携を密にした人々のお陰で人災を防ぎ、
世界的な多くの知見を獲得した経験も多数存在するなくてはならない分野である。

政府が財政不安や政権安定のために、近視眼的に施策を進めるなかで、
これらの日本になくてはならない専門家は、
新しい世代が盛り立てることを期待できない状態が続いている。

しかし、戦後最大の火山事故となった御嶽山噴火の死者が発生した場所集中でも、
明らかになったように、火山のイロハを知っていれば助かった命も多数ある。

いま日本に必要なことは、部外者の議論ではなく、
数が少なくなって発言が難しくなった専門家の声を真摯に聞くことなのではないだろうか。


(追記:11:15)
火山や全国のジオパーク活動にも詳しい吉田照光さんよりコメントいただきました。
私の知らなかった部分を補足いただいてるので、以下ご紹介します。
------------
たしかに、火山学者が絶滅危惧種といわれる所以はよく分かります。
ですが、最近の各地のジオパークで活躍している人材たちをみると
専門家を唸らすほどの知識と地元の火山の経験を豊富にもった方々が
現れてきているのも事実です。
しかも、その人たちは社会の一線で働いた経験もあるので
学者よりもコミュニケーション能力が高かったりします。
そういった有能な方々を日常的に火山防災の分野に取り込み、
学術的な連携や防災機関とのコーディネーションができれば
少なくとも良い方向に向かっていくでしょう。
残念ながら御嶽山の場合、ジオパーク的な取り組みはまだ出来ていなかったようにみえます。
------------
JUGEMテーマ:火山
火山 | 08:49 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2014/10/03 10:54 AM
吉田さん

コメントありがとうございます。
私の文言で考えが及んでいなかった「アマチュア」の方々こそ、これからの活躍が期待されているのですね!
確かに、いかに行政機関もそれらの方を巻き込んでいくのか、強く意識される側面にありますね。
ジオパークの動きが、世の中にもっと拡がっていくことを強く期待しています。
そのためには、もっともっと多くの人々が関心を持つことがとても大切だと思います。
from: 吉田照光   2014/10/03 10:33 AM
たしかに、火山学者が絶滅危惧種といわれる所以はよく分かります。
ですが、最近の各地のジオパークで活躍している人材たちをみると専門家を唸らすほどの知識と地元の火山の経験を豊富にもった方々が現れてきているのも事実です。しかも、その人たちは社会の一線で働いた経験もあるので学者よりもコミュニケーション能力が高かったりします。そういった有能な方々を日常的に火山防災の分野に取り込み、学術的な連携や防災機関とのコーディネーションができれば少なくとも良い方向に向かっていくでしょう。残念ながら御嶽山の場合、ジオパーク的な取り組みはまだ出来ていなかったようにみえます。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.