黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
手紙を書く意味


手紙を書く相手はいますか?相手はともかく年賀状を書いてみませんか。

年賀状を書く人が減っている、さらに手紙を書く人は減っている。
もちろんEメールやSNSなど、ネットの普及が背景なのだが、
ハガキや手紙を書く相手がいなくなったことが、その最大の理由ではなかろうか。

このブログにも何度も当時するように、私は人生の先輩お三方と、
人間について学ぶ仲であり、頻繁ではないが、ハガキのやり取りをしている。

私は、字が汚く受け手は読むに耐えないだろうが、そんなことは気にせず、
思ったことをそのままにハガキに認める。
三人の先輩は、その拙い文章には直接返さず、人生の本質に触れて、
「お主もまだまだケツが青いのぉ」と暖かい言葉を掛けてくださる。

こんなやり取りは、無機質なメールではなかなか出来ないだろう。
何故ならば、そこには感情が載りにくい。
短い文章であろうと、筆跡には、必ず書き手の気持ちが残っている。
相手を想わない人にはそれ相応の適当さが残っているし、
気持ちのこもった一言には、相手の笑顔まで想起させる力がある。

まもなく年賀状の季節である。
差し出す相手が思いつかない人も相当数いるだろうが、
家族宛てに投函してみてはいかがだろうか。

普段顔を突き合わせていても、
なかなかその人に対する想いを伝えることは少ないだろう。
ありがとうでも良いし、ここは直してほしいでも良いし、
去年を振り返っても、今年を展望しても良いだろう。

結局のところ、手紙を書くという作業は、
相手に気持ちを伝える振りをして、自分の気持ちをまとめる作業なのである。

年賀状という習慣を正月に与えるものと考えるから面倒になる。
年賀状は、書き手の一年を振り返るものである、この考えに立つと、
なかなか面白いツールになるのではなかろうか。

人間学 | 08:20 | comments(1) | - | - | - |
コメント
from: 深沢清   2014/11/05 8:40 AM
トンでもあるのを写真にしたのォ〜・・・マ〜ドガンでもよかケン元気で生きれです。ナム・・・
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.