黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
資本社会と人間社会の分断。
東京で働いている私はここ三年、結構頻繁に波佐見を訪れるようになった。
その心は何か?これまで答えが見つからなかった。
しかし、一昨日波佐見の方とインターネット社会について会話をしているときに気が付いた。

東京は資本社会、波佐見は人間社会だからだ。
もちろんそれで全てを割り切れるわけではない。
ただし、その考え方で動いているからこそ、
私自身がどちらで生きることも割りきって受け止められるのだろう。

東京は仕事をするために最適化されている都会であり、様々な人間行動を金銭で測られる。
波佐見では人間同士の会話が主体であり、
様々な人間の行為を行為によって返すという非金銭的な営みがなされている。

もちろんながら、非金銭的な営みは、波佐見より更に過疎化した地方で顕著だが、
その土地では部外者が入り込む隙がない。
波佐見の土地は、古くから土地以外の人々と交流を行うことによって
生計を立てて来た場所であるので、私のような部外者が参入しても受け入れられる隙がある。

一昨日気がつかされた波佐見の人との会話は、
インターネットを使って仕事の内容が質的に変わってしまったということがテーマだった。
そのネットを流れる情報の大半が東京を起点にしている資本社会の中で、
これまで人間社会であった地域は軒並み存亡の危機に立たされているのはある意味当然である。

何故ならば生活の糧を、東京からのお恵みによってしか暮らせない状態を
高度経済成長期から続けてきて、もはやそれ以外の術をなくしてしまったのだ。

自らの食料は自らで作り、大した贅沢をせず平屋に住み、
結婚式は公民館、葬式は自宅や周辺の分限者の家で行う。
そんな数百年続いてきた日本的な暮らしは、コンビニとスーパー、
建売住宅や各種ローンの普及により完全に過去のものとなった。

だから東京に限らず、日本各地多くの地域で、
生活様式はさほど変わらないライフスタイルを送り、
多くの人々がユニクロのファストファションに身を包む。

そんな時代に、東京は次から次に情報を得て、
新しい何かを発信することでお金を得るビジネスをやり続ける。
それ以外の地域は、情報ではなく、何かモノを生み出すことが身の回りにあるので、
情報だけをお金に変えるという価値観が理解できない。

だからライフスタイルが全国統一されても、
お金を得る手段が全く分かれてしまったので、そこを理解できない人は、
資本の狭間で自らで命を落としもする。

資本を得る方法が変わってしまったとしても、人間が死なない方法は、
ずっと変わっておらず、衣食住を満たせば良いのである。
この原則を理解した上で、資本の稼ぎ方を東京に学び、人間としての生き方を田舎に学ぶ。


これが現代人のスマートな過ごし方なのではなかろうか。
私は、どちらも不十分だからこそ、今東京と波佐見を頻繁に行き来しているのだ。
そんなことに気がつかされたのが、波佐見の人々との会話であったということが大変重要である。
東京にいるだけでは絶対に気が付かない。

2015年はこの気付きを胸に、資本と人間、そのいずれもこれより深く考えてみたい。
そこで見直すべきは、日本人の思想形成に深く関わっている神道である。
この追求も合わせて行っていく。
JUGEMテーマ:人間関係
人間学 | 08:32 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2015/01/06 12:32 PM
どんどん面白くなります。
まだ年賀状も作っていませんが、
これから鬼木の風景を印刷します!
from: 深沢清   2015/01/05 5:38 PM
知らない裡によか文章を書いていたね。お見事です。感度が物言う時代になりました。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.