黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
横井小楠 その2

圭室諦成著 人物叢書「横井小楠」吉川弘文館刊を参考にこの記事を綴ります。

私は、この著書を5年前に手にしていたがきちんと読めていませんでした。

この代表的な横井小楠氏の足跡をたどった著書は、圭室諦成氏の遺構です。

奥様のあとがきによれば、圭室氏は熊本に生まれ東大卒業後、史料編纂所に入所。

昭和20年春第二次大戦に応召、終戦10日目に郷土の史料を守ることが、

歴史家である自分の責務と考えられ、積極的に史料の蒐集・発掘に当たられました。

研究が進むにつれて肥後藩の政治姿勢の歪みに憤りを覚えるとともに、

黎明期日本の進路について高い政治理念をもっていた横井小楠氏に惹かれます。

横井小楠研究の過程や、西南戦争関係文書の発掘により、これまでの通説を批判し、

新しい見解を伝えてことによって、熊本・鹿児島から多くの非難が集まります。

圭室氏はこのような状況で、さらに横井小楠氏への情熱が募っていったようです。

この著書を通して感じられることは、横井小楠氏は、いかなる境遇に苛まれようと、

常に前向きであることを忘れなかったということです。

また、接する人に対しては基本的に良心を持てば変化するという姿勢を崩していません。

先般の記事で触れたように、横井氏は生まれた自藩からはなかなか認められませんでした。

しかしながら、そこに悔やむことなく、古来の歴史を学び、現実の世界現象を研究し、

今の時代に何が必要で、どのような行動を行うべきかと提案し続けました。

自らの恵まれない境遇を逆手にとって、自藩に限らず全国に師弟が増えていきます。

全国を巡遊するたびに、多くの志士と出会うとともに、師事する人物が寄ってきます。

特に越前藩では、そのトップである松平春嶽公は公私共々、横井氏を頼りにしていました。

そのことを独り占めにするのではなく、藩士にも積極的に横井小楠氏の教えを推奨します。

彼が幕末で全国的に騒乱の中にあって、越前の藩是として定めた以下の国是三論は、

当時どの藩でもなかなか明確にできていないものでありました。

それを藩主以下実行したからこそ、越前藩が幕末で大きな力を握ることにつながっています。

――――――(以下本文より引用)――――――

1.富国論

藩庁は財用を給して、士と民とを問わず遊手徒食するものなきよう心がけ、

生産を奨励してかれらを富ませることが急務である。

そしてその実効が挙がって藩庁の財政が豊かになった場合には、

その富を群黎に散じ、窮をすくい孤をいつくしみ、刑罰をはぶき、

税歛をうすうし、教ゆるに、孝悌の義をもってすべき。

2.強兵論

航海がひらけ四海みな隣国となった現在、

世界を相手に戦争する場合のあることを覚悟しなければならぬ。

したがってもはや海軍以外に強兵の術はない。

もし幕府が海軍を制定するならば、欧米諸国といえども恐れるに足らぬ。

しかし現在まだ幕府にそれだけの明がないが、きたるべき日に備えて

わが藩では、青少年を訓練しておくことが必要である。

3.士道論

文・武とはもとより武士の職分で、道をおさめる要領である。

ところが現在、文・武ともにいたずらに技術のすえにとらわれて、

文芸といい武術といっている。

学者は武をいやしみ、迂闊でしかも粗暴用いるに足らぬといい、

武人はまた学者を冷笑して、高慢でしかも柔弱、なにごとも堪えぬとあざわらい、

たがいに自己陶酔の偏見にとらわれている。

双方ともに文武本来の精神を見わすれているといわねばならない。

――――――――――――――――――――――

この越前藩という国のあり方の根底にあるのが、

身分にかかわらず、国のあり方をしっかりと考えた上で、

それぞれが本来できることを真心をもってやっていくということではないでしょうか。

横井小楠氏は、もともと攘夷派だったのですが、海外の事情を知るに及んで、

もはや開国できないと、国の財政は全く乏しくなり、

民衆の生活が成りたくなることを十分理解していました。

幕末終わりにあたっては、福井藩士はもちろんのこと、

長州藩、薩摩藩、幕府などかなり多くの志士と交流し、知人を作っていきました。

その結果、長らくに渡って熊本の自宅に引き籠っていながら世界の情勢を理解していました。

明治維新があり、それまで謹慎中のみだった彼は、参与に就任し、

やっと硝煙が薄くなってきた日本の行く末を描くことを求められました。

彼は、その問いに答えて、160年後の今でも遜色ない普遍的な日本国の作り方を提起しました。

だからこそ、これまでに多くの政治家が、
彼の提案を受け入れ、現代に至るまでそこから学び、
政治の軸にしようと提案を取り入れた仕組み作りを行いました。

現在も、国あり方が問われている局面です。

だからこそ、今の現象にとらわれずに国民が本当に生きやすい国を

どうやって作るかを考えて行動する人が求められています。

横井小楠氏が遺した文章から訴えるものは未だにまったく色褪せていません。
私はまだまだ学び始めたばかりです。
もう少し彼の生きざまに触れてみます。
 

JUGEMテーマ:幕末 歴史
評価:
圭室 諦成
吉川弘文館
---
(1988-11)
コメント:どうして世の中に必要不可欠な人材が社会に認めらず、現状を維持しようと汲々としている政治家が世の中に跋扈するのか、そんなことを圭室氏は横井小楠氏の足跡をたどることで明らかにしています。

横井小楠 | 01:39 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.