黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
反骨のジャーナリスト 福島菊次郎という時代の終わり

福島菊次郎さん
昨日、報道写真家の福島菊次郎さんが94歳で逝去されたとの報道が流れた。

私が出会ったメディア関係者の方多くが、彼の死を悼んで言葉を発されていた。

私も全くの報道に関連する人間でもないのだが、福島さんに強い感動を与えられた一人だ。

彼のことを強く意識するようになったのは、2013年2月11日

新宿シネマートの小さなスクリーンで、長谷川三郎監督の「ニッポンの嘘」という映画を見て以来だ。

私は、この映画に監督のサインをもらったが、ここから完全に菊次郎さんを追っかける。

翌月3月9日にはDAYS JAPANの9周年イベントで早速、
福島菊次郎さんの
講演をお目にかかる機会が得られた。

それでも、
居ても立ってもいられなくなり、翌月には山口県の柳井市に出向き、

再び映画の上映会が開催される会場に足を運び、その二次会にて、

福島さんとお話をするも、全く要領を得ない質問と、厳しい回答に

涙を流してしまったことを、プロデューサーの橋本さんに指摘されたほどである。

そのあたりから、徐々に福島さんの写真を見る機会も増えた。

東京都写真美術館に収蔵されている福島さんの作品集を見たり、

古書店にある写真集を取り寄せてみたり、唯一の弟子である

那須圭子さんの「報道写真家 福島菊次郎とゆく」を刊行前に予約注文した。

福島さんが写真家活動をほとんどやらなくなってから精魂込めて執筆された

「殺すな、殺されるな」というタイトルの3冊の著書ももちろん全て目を通した。

この本を読みながら、柳井に向かっていて、瀬戸内の海をみていると、

福島さんが目撃した子供たちがすぐそこに浮かんできそうで、二重に切なくもなった。

2013年9月14日には、府中市で開かれた講演会に再び参加して、

また福島さんの力強いお言葉を得ることができた。

当時は、秘密保護法が成立しようとする前夜で、自民党への危惧も高まっていた。

その時に、もはや時代は戦前だと話をされていた福島さんの言葉は未だに響いている。

少し月日が経過して、再び2014年12月27日に写真展と、講演会が再び多摩市で行われた。

これまでに類をみないような写真の展示数にまず驚かされた。

衝撃的な写真もさることながら、辛辣なキャプションにも見る目に強い影響を与えるものだった。

そして、講演ではアーサー・ビナードさんが聞き役となって、

戦争体験のこと、その後の日本社会のこと、そして現代のこと、将来のこと、

様々なことをお身体が決して優れない中、渾身の力でマイクを持たれた姿が焼き付いている。

私が福島菊次郎さんに出会ってから、お亡くなりになるまでに流れた月日は、

わずか2年半あまりだが、彼を知ってからの私の行動は、

それまでの歯止めが取れてしまったかのように、あまりにも急速になった気がしている。

前々から、衝動的に動く性格ではあったのだが、

今、ここで何をすべきかを強く考えるようになった。そして行動を起点にしようと強く誓った。

福島さんは、戦争に従軍したものの、人の命を奪うことなく、

自分の命を奪われることなく、自らの生まれ故郷に戻った。

戦争後しばらくして、従軍していた広島市に出向き、被爆者と出会ったことにより、

彼の人生は大きく変化し、国と対峙していた人々を追いかけるジャーナリストの道を進む。

それは、戦前に国家に対してモノが言えずに破局を招いた人々を反面教師にするかのようだった。

自衛隊の内部取材で、軍事秘密を暴露して、家が放火されたことも、

数々の取材拒否から、生計が成り立たないほど困窮し、離婚を余儀なくされても、

彼は信念を曲げずに、常に弱い人々の側に立って、強い権力にカメラを向け続けた。

それを応援するのは、お金持ちではなく、いつも貧乏人だった。

発行部数を誇る出版社は彼を相手にせず、テレビはほとんど無視、

いつも彼の作品を取り上げているのは、弱小雑誌社だったり、出版社だった。

共同通信が福島さんの写真版権を持っている現代に至っても、

彼の写真を掲載する新聞社の数は決して多くない。もちろん逝去報道すらも・・・。

だからなんだと、黄泉の国から福島菊次郎さんはおっしゃっているはずだ。

響く人に届く限り、私の作品は意味を持つし、それを受けて行動する人がいると。

私は、福島さんを巡っては心の底から湧きあがってくる感情が多すぎて、

まだまだ整理をできている状況ではないので、文章は支離滅裂である。

だから、何を言いたいのか、自分でも整理ができていない。

しかし、これだけははっきり言える。

福島菊次郎さんという時代はもう終わったのだと。反骨のジャーナリストの時代は。

94歳という高齢だし、寿命とみることもできるだろう。しかし、私はそうではないと思っている。

以下の宣言を忠実に実行しただけではないだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

もし憲法九条と自衛隊がなお同居する正邪の理非も無視した異常事態がこれ以上続くのなら、

僕はこの国の戦後を告発し続けたジャーナリストとしての良心的所在と尊厳を守るために、

これ以上この国で生きることを拒否することを宣言して、

この遺言臭「殺すな、殺されるな」の記述を終わる。

(殺すな殺されるな 第3部 あとがき終わり より)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

けれども、世の中を生きている一人一人が、社会に対して疑問を持つ限り、

福島菊次郎さんが伝えたメッセージは意義あるものだと、私は一ファンとして言い切りたい。

福島さんがいつも好んで紹介していた、

政府が1946年に学童父兄に配布した「あたらしい憲法のはなし」からの抜粋を紹介して終わる。

いまやっと戦争はおわりました。

二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。

こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。

ただおそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。

戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。

だからこんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があるといわなければなりません。

(略)

そこでこんどの憲法では、日本の国が、二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。

その一つは、兵隊も軍隊も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、

いっさい持たないということです。

これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦争の放棄といいます。

(略)

日本は正しいことを、ほかの国よりもさきに行ったのです。

世の中に、正しいことくらい強いものはありません。
 

JUGEMテーマ:政治全般〜国会・内閣・行政
福島菊次郎 | 01:36 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.