黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
第2回人間再生交流戯塾開講 in 長崎県波佐見町
11/22,23と長崎県波佐見町で開かれた人間再生交流戯塾に参加してきました。
一応テーマ設定させていただき講師という役柄をもらい参加させていただきました。
参加費と講師代金は同額なので、自作自演しに飛行機代を消費したようなものです(笑)

今回は、プレ講座として、塾メンバーの松井社長が率いられる
波佐見精機さんに前日から工場見学にお伺いしました。

22日には西海市に鯨捕りして財をなし、
地元の公共事業に貢献した深沢儀太夫の史跡巡りに出かけました。
その後、塾会場にて、私の付け焼き刃的な深沢儀太夫解説をやったのちに、
松井社長が波佐見で精密部品製作を始めるまでのエピソードを
プロジェクトX風にご説明いただきました。
その後は、一瀬町長にもご参集いただき、
懇親会が大盛り上がりでした。鯨料理も並びました!

松井さん山口さん

23日は早朝から大分大学教育福祉学部の軸丸名誉教授より、
視点の捉え方というテーマで脳トレを開講いただきました。
天秤量りと百マスを作ったを思考実験をやりながら、
我々が世の中を如何によく観察していないかを痛感させられる講義内容に、
参加者はタジタジになるばかりでした。

そして、お土産を大量に頂きながら、
塾参加者の松尾さんに佐賀空港までお送りいただいて、
LCCの春秋航空にて東京に戻った次第です。

たった2度の人間再生交流戯塾ですが、
すでに人間を再生されつつある受講生がお二人もいらっしゃいます。
松井さん、山口さんの眼の輝きようの変化は驚くべきものです!
何故この短期間に、参加者を魅了するものが得られるのかは、
実際に参加していただいてのお楽しみですが、
特段変わったことをしている訳ではありません。

参加者がその人なりに、自分の意見を表明しやすい
場所を作っていく術に秀でている深沢塾長の仕切りに従って、
参加者個々人が自然に踊っている雰囲気が居心地良いだけなのです。
旦那さんに連れられて塾に立ち寄っていらっしゃる受講生の奥さんも、
酔った勢いで思わず意見表明をやり始めるくらいアットホームな塾なのです。

地方創生が日本中で叫ばれて、
我が町に余所モノを呼び込もうと必死になっている自治体が沢山あります。
しかし、そのうちで、先ずはその土地に住む人が、
お腹の底から笑えて楽しく何かに取り組んでいる
プログラムをやっている地域がどれほどあるでしょうか?

私が東京から飛行機代を払い、わざわざ他の用事を全て差し置いて、
波佐見に人間再生交流戯塾に向かう理由は、
人間という生き物の底力を見せつけられるからに他なりません。

知識が豊富な人、お金がある人、
そんな人ばかりがもてはやされる都会に生活をしていると、
何も長所のない自分に自信喪失してしまい、
不安だらけで目の前の楽しいことに笑えなくなってしまいます。

しかし、波佐見にやってきて、その土地に暮らして、
日本全体の流れもあまり理解できず、経済力も十二分になく来年の仕事も未定でありながら、
目の前の面白いことにバカ笑いを繰り出す人々の姿を見ていると、
私は胸の底から生きる希望が生まれてきます!

そんな人間本来の在り方を取り戻す人々を
少しずつでも増やしていくことが、人間再生交流戯塾の使命なのです。

来年も年初から大爆笑大会の交流戯塾が繰り広げられるハズです。
笑って泣いて、学んで呑んで、怒られて怒って、
議論の話題はあちらこちらに飛びつつも、帰る頃には全てを忘れて、
何となく良かったなあと参加者が感じる場所が、波佐見には存在します。

それは、ノウハウを学んだところで決して他所では出来ない仕組みなのです。
この取り組みに参加する人々が増えれば増えるほど、
日本はほんの少しずつでも元気になっていきます。
先ずは、笑顔の絶えない波佐見を作るべく、
私も微力ながら全力を出して行きます!
乞うご期待下さい。

次の交流戯塾での私の講義テーマは、
私の半生を早くも振り返ってみます(笑)
JUGEMテーマ:人間関係
波佐見 | 18:03 | comments(4) | - | - | - |
コメント
from: じょうご   2015/11/23 10:11 PM
松尾さん

今回も色々とお世話になりました。
元気があれば何でもできます。
皆さんで燃えていけば、燃料を他に求める必要がなくなります!
正月またお会いできること楽しみにしております♪
from: 松尾 正晴   2015/11/23 10:07 PM
お疲れ様でした。ありがとうございました。
ほんと出席者みんなが元気に変わっていきます。。。
正月は、また手打ち蕎麦でお待ちしてますね。
from: じょうご   2015/11/23 7:03 PM
深沢さんありがとうございました。
次もよろしくお願いします!
正月お世話になります。
from: 深沢清   2015/11/23 7:01 PM
良く出来ています。ハナマルです。今回もご苦労様です。今後ともヨロチク。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.