黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
私がやりたいなと思っている人間価値売り通販サイト
昨日のエントリーで、私が浮かべた通販サイト案を書いてみたが、そんなのありきたりなモノ売りじゃないか!
そんな批判もあろうと思って、こっちが本題の通販サイト案をご披露したい。こっちの方が批難多そうだが。

私は、名だたる著名な商売人方々の評伝などを読んでいて、商人に売れないものはないという勢いの人々を多数見つけた。
結局、彼らが売っているものの大半は、「夢」なのである。買う人が夢を得るならばお金に糸目は付けない。
現実を売るから、他社と比較され、買い叩かれて、利益が残らない結果になっている。
商売人が与える「夢」に賭けてみようと思える潜在顧客を増やすことが、その一番楽しい遣り甲斐ではなかろうか?

私が、13年間の社会人経験で身に付いてしまった商売人のスタンスは、
8割意識が商品供給してくださるサプライヤーのこと、
2割意識が商品サービスを購入してくださるクライアントのことである。

もちろんお客さんが求めるものを愚直に探すという意識は大前提であるが、
欲されるものをただ提供するだけであれば誰でも出来る。
世にまだ出回っていない創り手が精魂込めた逸品を発掘し、
その使い方とともに顧客に届けるのが、一人一人の商売人の存在価値を発揮できる唯一無二の意義なのだ。

と、こういったスタンスから、
私は以下のような「創り手」を中心としたモノ・サービス通販サイトをいずれ立ち上げたいと考えている。


そのイメージを伝えるに、失礼ながら波佐見のお三方を例に挙げることにしたい。

片山さん、松尾さんのご両名は来年これまでの仕事を引退され、現在これからの進路を模索されている。
お二人とも、磁器製造業に長らく従事され、モノ作りのプロフェッショナルである。
ただしながら、お二人とも企業で上長が命じる形を追求されていたため、
独自で商品開発をすることは決してお得意ではない。

片山さんと会話していると、本当は自然に親しみながら、
野菜や果物を作ったり、木工作りや蜂蜜作りなどを行うことに無限の喜びを感じると仰っている。

松尾さんと会話していると、やはり器を作ることに興味関心を持たれつつも、
お蕎麦作りの腕前はプロ顔負けであり、食卓全般のことに秀でていらっしゃる面が伺える。

お二人が楽しんで作るモノを、その作られたエピソードを含めて、
売っていく場所を通販サイトに出来ないだろうかというのが私の考えである。

ハチミツも、手打ち蕎麦も、ただの市販品ではなく、どこで材料を確保し、どこで生産し、
どうやって袋詰めされるかまでを知ることができる。
そのサイトで購入する人には、出来るだけ商品が使われている状態を写真などでフィードバックして頂きたい。
商品の対価よりも、使われている人々が満足そうにしていることが、片山さん・松尾さんの喜びを生むのだから。

そして、その通販サイトでは、片山さん・松尾さんの兄貴分である深澤さんの講演も販売したい。

深澤さんは、長らく陶磁器卸売業に従事され、全国各地を1人で行商されながら、
人間自体に興味を持って万巻の書に当たられている。
また、30年以上前から名古屋などで、定期的に勉強会を開き、人間の在り方について
市井の人々に講演してこられたキャリアをお持ちである。

深澤さんの語りを、群馬県から東京、愛知、福岡、鹿児島で耳にした私であるが、
結局のところホームグラウンドである波佐見での語り口が最良で、もっとも熱が入っている。
この講演録をキーにして、迷える人生相談するというのが、深澤さんの販売スタイルである。

もちろん見た目は単純な通販サイトと変わりないので、一品一品の価格は、市場商品と大差ない価格設定を行う。
しかしながら、ここで買ったお客様には、無料でその商品が見学できる特典が与えられる。
交通費さえ出せば、自分の手元に届いた商品がどうやって作られるのか一部始終を追えるわけだ。

深澤さんと相談したり、講演録を読んだ人は、直に相談が出来るし、
実費を払えば、著名人を巡る旅を仕立てることも可能である。

完全にオーダーメイドの商品とサービスが味わえるのが、この通販サイトの魅力である。
当初は、このお三方でスタートするものの、全国で私が知遇を得た人々がこの通販サイトには続々と登場する。
北は北海道から、南は沖縄まで、その土地その土地でしか作り得ない商品とサービスを提供するのが、
この通販サイトの独自性である。
しかも、紹介される人々の決して数を大量に増やすことは目的としない。

私や、その後に続くだろう通販サイトの運営者自身が、
腹を割って会話できる関係性を築いている人々だけがこの通販サイトに登場してくださるのだ。

例えば、東京であれば、東京中の美味いご飯屋さんに詳しい鍋島さんが案内するグルメツアーが有力な出品候補になるだろう。

私がこの通販サイトをやる目的は、
全国で今までにあり得なかった人々の繋がりを密にすることなので、利益第一ではない。
つまりは、この通販サイト運営を通して、全国の旅が出来れば私の欲求は達せられる訳なのだ。

昨日のブログに書いたように、日本中の人々が、
消費を目的とした物買いをしなくなっているご時世だからこそ、コト消費を支援するのがこの通販サイトの目的になる。

私の関心は、その土地にしかない商品から、その土地にしかいない女性から、その土地にしかいない政治のあり方から、
その土地にしか見られない景色など、広範囲に及んでいる。

つまりは、この通販サイトで売ろうとするのは、ニッポンなのだ!

馬鹿馬鹿しい、アホらしい、まあそんな非難が当然だろうが、
まずは私の意見に賛同してくれる人が、通販サイトに商品として並んでいく。
その人々が飽きれば、この場所から消えていくだろうが、楽しいと思えば、必ず商品となる人々の数は増えていく。

売るものがないないと言われる日本経済にあって、直ぐになくならない大きな価値は、日本中で暮らしている人々なのだ。
人々が笑顔になれる雰囲気作りをこの通販サイトがやる!
面白くないですか?
JUGEMテーマ:人間関係
コメント
from:   2015/12/22 10:08 PM
ゆみさん

このピースと笑顔は、私が深澤さんと出会って最高の一瞬でした。
こんな瞬間が沢山できるような企画をやってみたいものです♪

お坊さんと携帯電話が必要です(笑)
from: ゆみ   2015/12/20 11:15 PM
ピースの写真がよかですね!なかなかよかですはなまるです!
from:   2015/12/11 10:39 AM
深澤さん

結局のところ、俺がやるというか、言わないかそれだけですね。
from: 深沢清   2015/12/11 6:10 AM
面白いです。最高に良く出来た。ハナマルです。35才の少年よ、良くやった!全面的に協力する世。田ご作足軽がいっぱい居るから、面白くなります。字はかけない、算数は出来ない人がIT時代に居るのです。時代劇&映画にエキストラが居るから絵になります。日本人がこれから元気に生きるには、エキストラの一般大衆が元気で生きる事です。面白いよ。日本中の田ご作がワクワクする世。自覚したインテリ―や有識者は、面白くないかもよ。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.