黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2016年は仕事創生元年だ!
2015年もあっという間に過ぎ去った。
2016年もぼんやりしている間に終わっているのだろう。

年明け寸前に福岡の実家に帰り、長崎の波佐見に出向き、
トンボ足で東京に戻っている機中でこの文面を書き始めた。

2016年は、昨年に比べても仕事にあり付けない人が増えそうなご時世である。(自分を含めて)
そんななか、日本で生きる人々は、自分自身で面白いことを見出していかなければない。
他は何も当てにならないのだから。

昨年、地方創生という言葉が色々な分野で唱えられたが、
今年流行りになる考え方は、仕事創生になる予感がある。

何故ならば、大企業であれ、中小企業であれ、都会であれ、地方であれ
仕事先が減っているのが、社会的トレンドであるからだ。
消費税は上がり、医療費など社会保障負担も増え、
給与・年金受給額・公的扶助額は減る傾向が終わる見込みはない。

そんな中でも、人々は生きていかなければならないし、
生き甲斐を感じて日々を楽しんでいかなければならない。
(別に楽しくなくても生きてはいけるが)
資本主義社会において、他者に自らの生活スタイルを
維持する援助を受けるのは並大抵のことではない。
何故ならばとにかく効率化の追求を求められるのが、資本主義なのである。
しかし、みんなそんなに割り切って効率化を追求できるはずがない。
仕事がないからクレとねだっても与えてくれる人は極々僅かで競争が激しい。

そんなご時世に脚光を浴びる人は、ただ唯一、自らで仕事を生み出してゆける人だけなのである。
上は政府から、下は百姓まで、ここに仕事があるぞ!働かないか、と声を上げられる人だけが注目を集められる。

結局のところ、他者に依存し仕事を求める人は発言力も乏しいし
自己決定権を持てないのは、政権与党である自民党の国会議員を見ていれば明らかである。

それでは仕事を生み出すために何が必要かと、
私の身の回りを見つめて気がつく事は、周囲の変化に気がつく事なのである。
今朝の西日本新聞を見て、消費税上昇にも関わらず、
利益を増やしそうな爆買いに乗じる輸出代行業者がいることを知った。
つまりは、メディアで国民に負担を強いると訴えられる政策であったとしても、
さらに儲けを増やす人は確実に存在するのである。

情報社会において、利益の源泉は、究極のところ情報格差なのである。
多くの人々が知らない情報を巧みに気付き、
それを利用して知らない人々に拡販を行い、商品サービスを提供する。

その繰り返しでしか利益を積んでいくことはできない。
正月番組のCMを見ていても、
半分以上はスマホゲームの告知である現実が、それを如実に表しているのではなかろうか。

ご利用は計画的にと、消費者金融のCMで警告しているが、
計画的に利用したとしても、諸々の前提知識が豊富でなければ、利子の過払い金すら返還されない。

私の2016年の目標は、日本各地の地方に埋もれている情報を多少整理して、
ウェブサイトに公開し、多くの都市部の人々にその地方の魅力ある製品・サービスを提供するベースを創り出すことである。

このことで、地方の人々に仕事を生み出すきっかけを与えることが、私のこれからの人生の目的である。
光という名前が表すとおり、私は自分自身で何かを成すよりも、
誰かの活躍に力を貸したほうが輝けるはずだという確信めいたものが、35歳目前になってようやく見えてきた。


2016年は、これまでに、日本各地をほっつき歩いた経験を少しずつ実にしていくことが、私の課題である。
さて、少しずつ具体的テーマを落とし込んで行きましょうかね!

JUGEMテーマ:仕事のこと
波佐見 | 19:48 | comments(4) | - | - | - |
コメント
from:   2016/01/05 9:55 AM
ゆみさん

昨年もお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

どのアドレスに送ったらよいのかわかりません。
このアドレスにメールを送っていただければ幸いです。
お手数ですがよろしくお願いします。

じょーご
from: ゆみ   2016/01/05 9:45 AM
こんにちは!
先日「も」ありがとうございました!
いつもお越し下さりありがとうございます。
本年も健康でますます進化されますことを、
お祈り申し上げます。

ところで先日の(^皿^)vな写真を、
記載のメールアドレスまで送って頂けないでしょうか。
急ぎませんのでどうぞよろしくお願いします。
from:   2016/01/03 9:41 PM
深澤さん
ありがとうございます。
今年も面白く生きてまいります!
from: 深沢清   2016/01/03 9:13 PM
中々良く纏めてあります。この文章をフライト中に仕上げるとはお見事です。仕事創生だ!
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.