黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
貧困環境にある子どもサポートは、無料塾でも、こども食堂でもどんなやり方でも良いと思う。
経済的に厳しい家庭環境に置かれている子どもたちは、
好奇心旺盛で多感な時期に、学校と自宅の往復では、
ちょっとした日頃のモヤモヤを溜め込んで、大きな重荷にしてしまいがち。
だからそんな子どもの側に寄り添って、
ちょっとでも愚痴を聞いてあげられる大人が地域にいる価値って、とても大きいもの。
大人にとっても、子どもが置かれている環境、流行っている遊び、
どんなことに悩んでいるのかを知るだけでも大きな気付きを得られる。

貧困に困る見ず知らずの子ども達なんて関係ない、
そうやって通り過ぎてしまわないで、一度だけ立ち止まって彼ら彼女らの声を聞いてみては?

そんなことを1年間無料塾でお手伝いして、中学生と共に勉強してきた私は感じている。

大人も子どもという年代に関わらず、
明日の暮らしを決して安閑としていられない経済環境に置かれていない人は多い。
しかし、大人は他者の手助けを得られる可能性が比較的高い。
知識も経験も行政サポートも存在する。
一方で、子どもは家族の庇護が十分でなく、学校でのコミュニケーションも上手く行かなければ、
1人で問題解決をはからざるを得ない。
それに向かうには、経験も知識も、そして周囲からのサポートも全く不十分である。
だからこそ、彼ら彼女らの「ヘルプ」に気が付いた大人は、
全く接点がなかったとしても、せめて話を聞いてあげたいもの。

1人で問題に立ち向かわなくても、
誰か何処かに助けてくれる人がいると子どもが知るだけで、どんなに心強いだろうか?
私が通う無料塾は、サポートする大人の数が、
やってくる子ども達に比べて決して豊富ではないので、
子ども達自身で勉強を教えあったり、
日常の悩みを相談しあったりする光景がいつも見られている。
もちろん大人がそれを傍目に見ながら、声をかけるのだけれど、
あくまでもスタンスは近所のおじさんおばさんレベル。
子ども達の自主性に基本は任せつつ、
このまま行くと人に迷惑を掛けるだろうという点だけ注意をするに留めている。

子どもの貧困が、日本全国で叫ばれるようになった要因は沢山存在するけれど、
これを放置して困る大きな結果は、はっきりしている。
子どもの貧困がそのまま大人の貧困に繋がり、さらなる子どもの貧困が再生産されるということだ。

無料塾に通う子ども達を見ていると、
本人達のポテンシャルを適度に支えられなかった周囲のサポート不足に気がつく。
片親で家計を支えることが精一杯のお母さんは、子どもの学習支援を行う余裕はなく、
日々の稼ぎを得ることに汲々とされている。
兄弟姉妹が多く、年齢が近い家族では、どうしても手を掛けられる子と、
掛けられない子との差が開いてしまい、片方は甘やかされ、片方は放置されたりする。

みんながそうはならないのは当たり前だが、
自分の親から十分な愛情を注がれる経験を持っていない親は、
子どもに十分な愛情を注ぐ術を知らないままに子育てをしているので、
子どもが求める事を理解できないまま振る舞うケースも多い。
加えて、そもそも日々の家計を支える仕事に手一杯で、
なかなかじっくりと子どもの悩みなどを聞いてあげられる時間がないので、
どうしても親子間で気持ちのズレが生じてしまう。

そんな日々に追われる親子を少しでも周囲の大人が支えられるのであれば、
貧困という二文字を暗いイメージに閉ざさずに、
社会に慣れる窓口としてチャンスと捉え直すことが出来るのではないか?

子どもを育てた経験もない私が、こんな主張をしたところで、
きれいごとに過ぎないと非難もあるだろう。
けれども、自分自身で体感して、人々に触れ合った経験から得られた価値観は、
やっていない人とは絶対に共有出来ない。

全国各地で、子どもを支援する取り組みは民間でも、公的なものでも少しずつ活発になってきた。
けれども、まだまだ手を差し伸べられていない子ども達は沢山存在している。

だからこそ、どんな形でも、子どもをサポートする取り組みが少しでも増えることを私は願ってやまない。
それが、遠回りのように見えて、実は一番近い社会を良くする動きだと信じているから。

JUGEMテーマ:ボランティア
社会 | 06:57 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2016/01/21 12:42 AM
子どもに触れることで、自分自身の本来の姿を再発見することがあります。
子どもは大人を育ててくれる大切な存在です。
from: 深沢清   2016/01/20 8:39 AM
愛情ある子供へのサポートです。ガンバッテ下さい。人々と触れ合う経験が大事だね。交流が生きるのを育みます。
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.