黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
一軒のたこ焼き屋台から見る景況判断。
日本政府、日本銀行すら経済状況に合わせた最適解が見出せなくなっていて、
日々の日経平均株価が乱高下しているなかで、
今後景気はどうなっていくのか不安視する日本人は沢山いるのだろう。
そんな時に、いくら過去抜群の見通しを当ててきた
経済評論家の話を聞いたところで、着実な答えが得られるかは分からない。
そんな時期に頼りにするべきは、自らの腕一本で街に立って商売をしてきた
商人の勘に勝る景況判断指数は存在しないのではなかろうか。

そんなことを巣鴨のとげぬき地蔵の隣で19年間たこ焼きを焼いている店主に会話しながら感じた次第である。
彼は、今日は人通りが少ないネエと言いながら、16時に生地を作らずに終わっちゃえば良かったとボヤいていた。

一つの場所で、腕一本で営業を続けるには、その土地を通る人を捕まえて離さない何らかの魅力がなくてはならない。
最初は、威勢のよい声だったり、周囲よりも安い価格だったり、
原価率を大きく上げて材料の質に似合わずお手頃な価格だったり、何らかの目玉で人を惹きつけることもできよう。
しかし、小手先の営業手法でお茶を濁したところで、見ている人は見ているので、
美味くないお店にはお客様は入らないし、魅力ある商品が並んでいない商店には立ち見客も入ってこない。

たこ焼き屋の店主さんは、その場の営業権を管理するお寺の先代や
その奥さんを知る程に土地に馴染んでいて、
どこがその土地を動かしている力点なのかを掴みつつ路上で300円のたこ焼きを焼き続けている。
初めた当初から具材も何も変わっていないというそのたこ焼きは、
もちろん美味いのであるが、そんなに早く仕上がるわけでもなければ、見た目が綺麗なわけでもない。

その後に、立ち寄った蕎麦屋さんがミシュランガイドに載るほどに、
格好にこだわっているのとは大違いである。

しかし、そのような不恰好な商品を出したとしても、
庶民相手の食べ物屋さんの肝が美味い料理を手頃な価格で提供することにあるのであれば、
十二分にその存在価値を道行く人々に知らしめて余りあるわけだ。
店に並んでいる人が列に割り込めばきちんと指摘するし、
傲慢な要求をしてくるお客様には、商品を提供することを拒否する。
一方で、時間が掛かるのを厭わずにじっと並んでくれるおばちゃんには、
彼女が居心地の良くなるような世間話をしながら場を盛り上げている。

このたこ焼き屋台の店主さんは、
銀座の一等地で宝石を売っているオーナーと全く変わらず、
そのお店にやってきた人に何らかの情報を提供し、商品を買っていただくという作業を日々繰り返しているのだ。

だから当たり前ながら、その道行く人を通して、毎日の人通りを感じ、
財布の紐の緩み具合を直接伺い、そのレンズを通して世の中の景気を占っているのである。


世の中に情報が増えればふえるほど、
景気が良くなるきっかけも悪くなるきっかけも存在するので、やっていることが高度になればなるほど、
社会本来の趨勢を見極めることも困難になりがちである。

道に露店を出しているテキ屋の店主は、自らの腕と、
目の前のお客さんに満足させる食べ物を出せるかどうかが勝負なので、
一カ所で長続きして営業できる人間は、必ず世の中の景況を的確に勘で判断している。

私は、天気の良い日曜日に、300円のたこ焼き屋で材料が16時にならないと継ぎ足されない事実、
昼飯すら食べられなかったのに、止めてもいいのに新たな材料を16時まで作らざるを得なかった
店主の仕事振りから、街角の景気は当分悪いことを感じざるを得なかった。
このたこ焼き屋さんに限らず、地蔵通りに軒を並べる屋台で
150円のお好み焼きですら売れ残っている現実を見て、景気が良いとは言えないだろう。

世の中に多数存在する景気判断指数は、すべてある商人の営みが集められた結果に過ぎない。
数値が先にあるのではなく、人間の行為が先にあるのだ。
その事実をエコノミストも政治家も忘れたところに落とし穴が待ち構えている。

昨日の記事では、日本庭園を見てじっと考えようと提案したが、
現実に日々の仕事に追われる人にはそんな余裕はないはずだ。
まずは、近所の祭りのたこ焼き屋のオヤジに、最近の景気はどうか?と質問をしてみよう。
三人聞いた結果、皆が同じ意見を言うのならば、それが世の中の雰囲気であることは間違いない。

景気を占うことは勿論ながら、出店のオヤジはその街のことを非常によく知っている。
少なくとも、売上をきちんとあげられる経営者であるならば。
だからこそ、街について知ろうと思うなら、屋台のオヤジに相談するのが一番だ。

そんなことを書いていたら、博多の屋台でラーメンを食べたくなってしまった。
JUGEMテーマ:経済全般
経済 | 06:48 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2016/02/16 8:35 AM
何でも暇つぶしのネタになります!
from: 深沢清   2016/02/16 7:15 AM
ハイ!良く出来ました。・・・人間の行為が先に有るとはよかですね。ハナマル!
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.