黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自由が最大の希望 〜檻に入ったヤギのお話〜
今朝夢を見ました。ヤギを使った田舎の爺さんの遊びでした。
私が日頃お世話になっている二人のお爺さんが登場しました。
まあ、爺さんのことは本題に関係ないのでスルーします。

ヤギはじっと家の狭い敷地にばかりいたので、身体にも良くないと散歩をさせることにしました。
犬をヤギ追いに使うことにしますが、じっと家にいたので、最初はなかなか動こうとしません。
人間が引っ張って動かして漸く歩き始めた次第です。

なんとか犬に追われ、トコトコ歩き始めたヤギは広い草原に至り休息に入ることになりました。

そこで二人の賢人である爺さんが通り掛かりました。
一人の背の高い爺さんが、もう一人の頭を丸めたまるで僧侶の風貌の爺さんにこう問いかけました。

「あのヤギを他者の力を使わずに家に返してみよ!」

問われた爺さんは、

「容易いことだ、ヤギを豚のなかに押し込めばよい。」

そうすぐに切り返したのでした。
もう一人の爺さんは頷いていました。
周辺で聞いていた人間は皆、首を傾げていました。

再び犬がヤギを追い始め、豚小屋前に連れ出しました。
もちろん臭いその小屋の中にヤギは自ら入ろうとはせずに、
周囲の若者によって無理矢理に詰め込まれました。

ヤギはその暗い環境や、臭い匂いにジタバタを止めず、一刻も早く出たい仕草をやり続けます。
周囲で見ていた若者は、爺さんの面前でどうすることも出来ずにただ見守るだけです。

数日の時が経ちました。
すでにヤギは落ち着きを取り戻していましたが、
その姿を見つめる人間を凝視して、出してくれと訴えるのでした。
爺さんはその姿を見て呟きました。

「そろそろ良かろう出してやれ」

ヨタヨタになったヤギは扉が開くとサッと出てきました。
そこで爺さんがヤギに告げました。
ヤギは丸でスキップするかのように帰路につきました。
この場に追ってきた犬を後ろに連れて。

難なく自分の住処に戻ってきました。
そのヤギは、とても嬉しそうな表情をしていました。


と、こんな雰囲気の夢でした。
本当は、もう少しリアリティがあったのですが、記憶に残っているのはこんな感じです。

考えてみると、ヤギは一切楽しいことを与えられた訳ではありません。
遠くに連れ出され、豚小屋に閉じ込められ、散々です。
けれども帰ってきたときには笑えているわけです。
満足を得ることが出来たということなのです。

この夢を鑑みるまでもなく、自由は最大の価値なのです。
お金があることよりも、家族がいることよりも。
逆に言えばそれらを保持していても自由がなければ幸せとは言えないでしょう。
周りの人から見ての自由ではなく、本人にとっての自由。

そんなことを真摯に考えてくれる会社も国家も多くはありません。
自らが存在するのに必死で、誰の力を封じて、誰の助けを借りるかに汲々としている世の中です。

だからこそ、まずは自らが自由であることを真摯に求め、その信念に従ってのみ行動する。
他者の干渉は、他者の助言は、他者の誘惑は、全てそれに従う形でしかない。
それを十分に認識せよ、そんなメッセージだったのかもしれません。

考えてみると、私は山羊座です。
私は、二人の爺さんの一つの作品かもしれません。
しかしながら、私は自らで作品を完成させる責務を追っています。
自分で決めて、生まれてきたのだもの。
巣鴨観音
JUGEMテーマ:モチベーション
つぶやき | 08:42 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.