黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    城後 (01/03)
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
田舎の中小企業にいま必要な人材は、単純な仕事を掛け合わせるアレンジャー。

アレンジャーという言葉をイメージできない方に解説しておくと、

元の素材を引き出して、それをよりよく活用できるように仕立て直す人、

私はそんな意味でこの言葉をイメージしている。

 

もっとも使用頻度が高い意味は、音楽の編曲家である。

作曲家のメロディーに伴奏をつける人のことを言うそうである。

その他金融の世界では、証券化の際に斡旋人となる証券会社または、

協調融資をする場合の取りまとめ金融機関の事を言うようだ。

 

私は、長崎に居を移してから、それまでおよそ10年ほど携わった

インターネット通信販売に関わる企業様からの相談を、

長崎・佐賀・福岡の企業担当者さんから頂いた。

現状ではなかなかネット通販の売り上げが立たないが、

どうしたら成長軌道に乗せていけるだろうかという内容である。

 

私は、いずれも各企業さんの置かれている環境を整理することから、

会話を始めたが、その視点は新鮮だったようで、各担当者さんからは、

最初の感触としては悪くない反応を頂戴した。

 

それまで話を聞いたコンサルタント及び通販サイト関係者は、

一般論としてのアドバイスはしてくれるが、自社のこれまでに即した、

今後の方向性については明確な返答をくれなかったとの事だった。

 

地方の中小企業の多くは、何かしら新しい取り組みを行うにあたっては、

同じ地域に拠点を置く同業者にアドバイスを求めるほか、

具体的な仕事内容の相談を行うことができる相手は極めて少ない。

 

都市部で流行っている新しいサービスを展開しようと考えても、

都市で実績ある専門家にコンサルを依頼すると、大きな費用負担が生じる。

 

かなり業績好調な企業はともかくとして、これから伸び悩む既存事業を

転換しようと考える企業にとって、相談相手は皆無である。

なぜならば、そのような企業は銀行すら相手にしてくれないのが実態だから。

 

地方経済は、労働者数からだけ考えても、かなりのウェートを中小企業に拠っている。

地方の中小企業が新しいことに果敢にチャレンジし、

売り上げを増やし、労働者を増やしていかない限り、経済は発展しない。

 

そんな地方の中小企業にもっとも不足しているのは、具体的に自社の企業の

弱み強みを分析し、これから芽がでる可能性を導いてくれる存在である。

 

私は、現在陶磁器製造業にてアルバイトとして働いているが、

インターネット通販サイトという側面で多少なりとも

中小企業の方にお役に立てるノウハウを持っている。

 

同じように、都市部で長らく働いていらっしゃって、

地方に移住された方の中には、それまでのキャリア以外の分野で働きつつも、

長年携わったお仕事のキャリアを有効活用できる人も多いのではないだろうか。

 

そんな眠っているキャリアを持った人材こそ、

変化を求めつつも、なかなか現状打破ができずに困っている

地方企業さんに生かす仕組み作りが求められているのではないか。

 

だからこそ、まずはこの企業にはこれが強み・これが弱みという分析を行い、

不足している部分に必要な人材をマッチングさせる

アレンジャーが一番不可欠な存在である。

 

アレンジャーが見つかれば、自社が目指す方向性がはっきりするし、

誰に助けを求めて良いのか、どうやって変革を行っていけば良いのか、

羅針盤が明らかになってくる。

 

地方の元気は、中小企業の盛り上がりから。

当たり前の事実であるが、それを動かしていくのは、

アレンジャーであることに気がついた私は、

力はないなりに、アレンジャーとしてのスキルを磨いていきたい。

タブレット

現代の人は知らないだろうが、昔単線の鉄道ではこのタブレットが活躍した。

行き違いでの衝突を避けるためにこの通票を利用して一区間には一つの列車しか

走れないように制御を行っていた。

つまり、タブレットがあることで単線であれ衝突を避けて安全運行を行うことができたのだ。

過去小さな鉄道路線は、大きな信号装置を使わずとも、安全運行する仕組みがあった。

 

JUGEMテーマ:田舎暮らし

経済 | 20:42 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2016/07/20 9:41 PM
深沢さん

途中までは、勢いがあったのですが、尻切れです。
もっと良い文章を書けるように、仕事の種まきに精を出します!
from: 深沢 清   2016/07/20 9:06 PM
よくできた文章です。アレンジャーとは初めて耳にしました。ありがとう。
コメントする









 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.