黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ビジネスに最も必要な要素は継続性。

熊野筆

このブログで約3か月前に筆屋さんが会社にやってきたことを綴った。

それからきちんと間隔を開けられて、

再び広島ナンバーのマツダボンゴがやってきた。

やはりビシッとノリが効いたワイシャツをまとったセールスマンが再訪された。

会社では消耗頻度が高い方だけの注文になってしまったので、

前回よりも少ない筆の購入数だったけれども、

こうして定期的に足を運んでいるからこそ、

継続してビジネスが成り立っているのだと感じた朝の出来事だった。

 

様々なお仕事が日夜生まれては消えているのだろう。

それはともかくとして、物を売って買って、サービスを提供して購入して、

たった一度の取引で、お互いに満足を得ることは実は困難なことではないだろうか。

 

企業対企業取引における売り手の立場になって考えてみると、

初めての取引に際しては、取引条件をまとめたり、

商品やサービスの仕様詳細を詰めたりと、

既製品を売るにあたっても細かい調整を行ったのちに、

初めて代金回収まで至る。

その手間を含めると、相当にシステマチックな取引以外では、

最初から商品やサービスの対価だけで利益を得るのは困難だろう。

 

また企業対消費者取引における買い手の立場になって考えてみると、

初めて訪問したお店で自分にとってお気に入りの商品に出会い、

その商品が考えていたよりもお値ごろであることは、

結構難しい状況であり、多くの消費者は良いお店・良い商品に出会うまでに、

多くのお店を訪れ、商品を購入した結果を踏まえてから、

一つの購入機会を成功させるプロセスをマスターできるようになっている。

 

例えば、Amazonで一つの商品を買うようになったお客さんは、

品揃え、販売価格、商品購入のプロセス、支払い方法、

到着までの時間、配送状況、商品購入ごのアフターフォローなどを

トータルに判断し、何度も繰り返し利用するようになっているにいる。

全ての判断は一瞬だとしても、多くの過程を踏まえていることは間違いない。

 

インターネットによるビジネスが進展する中で、

一瞬にして商品やサービスの提供が可能になった

と考えるビジネスパーソンは多いだろう。

しかしながら、きちんと利益を出している会社の大半は、

何度も何度も繰り返し買っていただけるお客様の満足を最大にすることを

目的にその仕組みを考えて、一つ一つのサービスを提供している。

 

たった一人の移動筆屋さんの動きをしっかりと考えるだけで、

ビジネスの本質とは何かを想像することができる。

 

そこにはもちろん前提知識は必要かもしれないけれど、

ビジネス本を読んで学んだ机上の知識よりも、はるかにすぐに使える姿がそこにはある。

 

仕事を創り出すのは簡単な作業ではない。

しかしながら、一つ一つの誰でもできるような作業をやっていたとしても、

それを長い時間継続することができるならば、

もしかしたら新しいビジネスが生まれるかもしれない。

 

私は、常に可能性を見出したいと強く思っている。

それは私が、たった一ヶ月だったけれど、

全く縁もゆかりもない北海道の地で、航空写真販売という全く知識もない

訪問販売業を体験したからだ。

 

どんな仕事であっても、その仕事を理解してくれるための努力をして、

それが必要な人を探すことが必要なのだ。

セールスマンの基本的な要件は、

仕事を続ける意識を持つことだと私は捉えている。

何故ならば、すぐに売り手責任を放棄する人から買いたい人は少ないからだ。

 

売れない商品を売る努力をして初めて、

売るためにはどんな作業が必要なのかを理解出来る。

また、人々がいかに商品を無意識に選択しているのかを感じることができる。

 

当たり前のように存在している仕事はすべてみんな、

始めた人もしくは受け継いだ人が、売れる努力をして今日存在しているに過ぎない。

そのことを思い描くことができる人だけが、新しい仕事を創り出せるのではないだろうか。

JUGEMテーマ:経済全般

経済 | 20:42 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.