黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
地方自治体の議員になるということ。選挙を終えて。

私は、11月1日より4年間の任期で、町議を務めさせていただきます。

この町に住民票を移してわずか6ヶ月弱ですが、

ご支援いただいた皆様のおかげで選挙に当選させていただきました。

 

今後しっかりと町民の皆様のためにご期待に応えられるように、

精一杯働いていきます。

 

私には、地盤・看板・鞄が全くないどころか、

この町に親戚もなく、支持いただける組織もゼロでした。

 

全ては、個々人の皆様の支援の積み重ねで、

483票ものご支持をいただきました。

 

私が選挙に挑戦するのは、高校の生徒会長選挙以来で、

もちろん公職選挙法が適用される選挙は初めてでした。

 

一票の重みは、選挙戦で精一杯頑張ったつもりですので、

町議として働く前の現時点から強く感じております。

 

何も実績がない私をご支持いただいた皆様は、

私に期待だけで一票を投じてくださったことは間違いありません。

 

その重い期待に押しつぶされることがないように、

自らの信念をしっかり維持して、町民の皆様に光を当てられる

政治家になれるように日々勉強し行動していきます。

 

 

まだまだ選挙が終わって1週間と時間が経過しないうちに、

地方選挙を志す方向けに私が感じたことを少しメモしたいと思います。

もちろん、以下に記すことは私の私見であり、

他の候補者及び他の地域で通用する保証はありません。

 

様々な事情を踏まえて、全ては箇条書きしかしません。

詳細が気になる方は、連絡先を教えていただければ詳しくお伝えします。

 

 

1.選挙に最も必要なことは候補者本人の志し。

2.選挙に必要な人物はその地域の選挙を知る参謀。

3.選挙は告示日以降の選挙期間以前に入念な種まきをできた人が勝つ。

4.選挙中で絶えず必要なものは候補者そして応援者の必死さ。

5.選挙事務所を構える地域の皆様を味方にできない限り結果はついてこない。

6.選挙の趨勢を大きく左右するのは男性以上に女性である。

7.他陣営のことを必要以上に気にせずに自らを律することに集中する。

8.地方議員選挙は勝つことを目指するのではなく負けないという戦い方が存在する。

9.支持者を増やすフィールドを明確に定めること。

(演説会注力、支持団体注力、個人紹介注力なのか等々)

10.選挙は当選しても終わりではない。

 

 

私は、選挙はお金を持っている人、親戚をたくさん有している人、

その土地に地縁を持っている人、知名度を有しているいる人、

企業や団体のトップである人、自治体職員経験のある人、

そんな方しか政治家になれないと思っている人に、

少しでも政治の舞台にチャレンジしていただきたいと思い、

支持いただいた方に失礼になるかもしれないことを承知で、

このエントリーを記させていただいてます。

 

なぜならば、現状に問題意識を持った人が行動をしない限り、

政治が変化することがありえないからです。

口先で愚痴を言って政治が変わることはありません。

 

選挙という段階を得て、鋭い問題意識を持つ政治家が

自治体をリードして初めて、その地域は変化していきます。

(もちろん民間主導のまちづくり例も大いに存在しますが)

 

私が働かせていただく自治体は、

何百年も以前から産物を他領に販売して外貨を獲得していました。

加えて他の地域からやってきた人々が、

それまでの仕事のやり方を大きく変化させてきました。

現代でも、その流れは続いています。

 

だからこそ、私のようなよそ者、バカ者、若者でも、

機会を与えようと一票を投じてくださる住民の方が

多数いらっしゃるのです。

 

社会の変化は一人では起こせませんが、

その地域の全員が賛同しなくても、一定数の後押しがあれば、

少しずつ山は動いていきます。

 

地方議員一人でやれることには限度があります。

しかしながら、何もできないと諦めてはそこで試合終了です。

選挙ですら多くの人が無謀だと思われたことにチャレンジしました。

 

482名の方のご期待を裏切ることなく、

これから四年間精一杯働いていきます。

(もちろんながら483分の1は私が投じましたので)

 

将来この土地に生まれてくる世代に少しでも誇られる町を作れるように。

 

政治 | 23:30 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.