黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    深沢清 (04/18)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    光 (04/17)
  • 地方を動かすためには考え方を「半官半民」にすべきかもしれない。
    深沢清 (04/17)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    光 (03/21)
  • 日本会議の研究 菅野完著読了。何故、籠池理事長が一生懸命になるのかを知るための好著
    深沢清 (03/21)
  • 議員生活ってどう?という問いにお答えします。
    光 (02/09)
  • 議員生活ってどう?という問いにお答えします。
    深沢清 (02/09)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブロックチェーンレボリューション読了。ビットコインを支えるブロックチェーンという仕組みがインターネットを大きく変える。
評価:
ドン・タプスコット,アレックス・タプスコット
ダイヤモンド社
¥ 2,592
(2016-12-02)
コメント:ビットコインは怪しい?そう感じている人にこそ読んでいただきたい、その技術のインパクトを様々な面から論じた一冊。

インターネットが世の中に一般化して20年以上が経過し、

社会を取り巻くいろいろなものが変化した。

しかし、その歴史が始まって以来今までずっと、

その情報はどこかのサーバーに集約され、どの端末やモノから

発せられる情報ですら、誰かの媒介がなければ

存在しないものとみなされていました。

 

しかし、ブロックチェーンの仕組みは、

あるプログラム自体が信頼を作り出すことによって、

第三者を介することなく、

やり取りされるデータに嘘がないことを根拠に、

複数の当事者間で直接信頼された取引を取り交わすことが可能になります。

 

つまり、ある人が持っている通貨を誰かのお墨付きで

安全と定義するのではなく、

その通貨自体が信頼性を定義されているので、

その人がどこでその通貨を使っても認められる仕組みを

手にしたようなものと言い換えられるのではないでしょうか。

(この例えが適切ではないとするならば、

適切な例示を方法を教えていただければ幸いです )

 

 

インターネットでの情報のやり取りに対しては、

アメリカ国防総省から始まって変遷がありつつも、

どこかの大きなシステムが情報を一元的に集約できることを

前提に仕組みが形作られてきました。

もちろん、その管理者は時代によって変化しつつも、

GoogleがAmazonがAppleが現在、かなりの数の

ユーザーの個人情報を収集しているのは周知の事実です。

そして、それが多くの政府機関に伝えられていることも。

 

もともとインターネットは、何らかの中央集権機関から

情報を分散させることがその普及のメリットだと、

宣伝されていたにもかかわらず。

 

しかし、ブロックチェーンの仕組みを使っている

ビットコインという仕組みは、

どこの政府機関が信頼性を担保しているわけでもなく、

取引所を通じて、世界中の通貨とその価値が交換されています。

 

2017年2月6日現在1ビットコインが117,500円ほどで取引されています。

ビットコインの発行総額をドルに換算すると

168億ドル(およそ1.9兆円)の市場価値が存在しているとのことです。

ちなみに、千葉県の平成28年度の当初予算規模が約1.7兆円。

 

この自律的なブロックチェーンという枠組みは、

お金の流れだけではなく、様々な情報を発信者主体で

紡いでいく仕組みであるために、それを取り扱う人間が

意図的にコントロールすることが極めて難しくなっています。

 

モノがインターネットに繋がるIoTの仕組みや、

一定のルールに基づいて自律的な処理が行われるAIと、

このブロックチェーンの基幹になる合意形成の仕組みが

組み合わさることによって、

多くの人間がコントロールしていた仕組みが自動化されていきます。

 

もちろんこのことで、現在の人間生活にとって

不便に感じることも生じるでしょうが、

社会は人間への負荷を減らしつつ、自律的に動いていくことも可能です。

 

ブロックチェーンの普及如何にかかわらず、

インターネットのさらなる進化によって、

人間の生活は間違いなく変化せざるを得ない時期が、

刻一刻と迫っています。

 

先進国の国民よりも、途上国の国民の方がその恩恵を受けることが、

多いだろうことは容易に想像できます。

何故ならば、イノベーションのジレンマでも明らかなように、

様々な便利なものを手にしていないからです。

 

だからこそ、最も考え方を変えなくてはならないのは、

我々、先進国に暮らす一定の所得を持ち、

ある程度の教育を受けた人間なのかもしれません。

 

インターネットはそれまでの社会をわずか20年ほどで大きく変えました。

きっと、これから起きてくる社会変化は、もっと短い期間なのでしょう。

 

その時期に、どんなことが起きて、

どうすればその世の中で自らの存在感を発揮できるか、

今の現状を一旦脇に置いて、ちょっと考えてみるのは、

今後の世の中を生きていく上で、

全く無駄にならない思考実験だと私は考えています。

JUGEMテーマ:読書

読書 | 16:48 | comments(2) | - | - | - |
コメント
from:   2017/02/06 5:43 PM
大丈夫です。
どのみち時間の流れは波佐見のレベルを超えられません。
from: 深沢清   2017/02/06 5:30 PM
ついていくのに大変で御座います。あんまり飛ばすなよ。
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.