黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    光 (04/18)
  • 人物戦後政治 〜私の出会った政治家たち〜 石川真澄著読了。
    深沢清 (04/18)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「週刊文春」編集長の仕事術 新谷学著 読了。

正直に言って、私は週刊文春を読むのはコインランドリーくらい。

買って読んだことは数えるほどしかない。

しかし、阿川佐知子さんのインタビューや飯島勲さんの連載、

そしてついつい読ませられてしまうスクープ記事には、

他の立ち読み週刊誌と違って嫌味がないのがいいなあと思っていた。

 

そんなボヤーっとした文春感を持って、この著書はビジネスマンにも、

読まれるべき本であるという宋文洲氏の推奨によって手に取ってみた。

読み始めて数時間で一気に読了してしまうほど面白い本だった。

 

新谷学編集長は、大学卒業後文藝春秋に入社し、

「マルコポーロ」編集部、「週刊文春」記者・デスクを経て、

月刊「文藝春秋」編集部、ノンフィクション局第一部長から、

週刊文春編集長に就いた生粋の文春マンである。

 

この著書のテーマは大きく言えば、

「人間って面白いよね」ということを追求することが、

仕事を面白くするのではないですか?

という新谷編集長からの提案のように私は感じた。

 

メディアの萎縮が色々な部門から叫ばれる中において、

週刊文春が、様々なタブーに挑みスクープを連発している背景に、

どんな考え方、そしてそれを踏まえた組織がどのようになっているのか、

全てを余すところなく、この著書で解説されている。

 

メディアのあり方に限らず、企業の取り組みに面白みがないと、

批判されることも多い日本企業や組織の現状であるが、

新谷氏が指摘するように、新しいことをやることを恐れずに、

楽しいものを目指そうとする姿勢こそが、

仕事を面白いものにする原動力である考え方には全面的に賛同する。

 

出る杭は打たれるのが当たり前かもしれないが、

そもそも、色々な組織に杭が出ていなかったら、

その組織は他の同業者との差異がいずれなくなってしまうのは必然である。

つまり、出る杭を打ち続けることは、自らを滅ぼすことになる。

 

インターネットの普及によって出版は廃れてしまうという

どこでも叫ばれるテーゼが存在するが、

アマゾンという世界最大の小売事業者は、出版物を売ることを祖業とし、

未だに出版物を販売することで世界中で収益を上げている。

つまり、やり方が変わっているだけで、

モノを書く意義がなくなっているわけではない。

 

週刊文春は、自らの存在意義を「スクープを提供すること」と定め、

その取材活動を充実するために、組織を鍛え、

取材費を捻出するために、出版部数を伸ばしたり、

その他のネットなどの収益源を確保するために協業を進めている。

 

一方で、記者は取材源を求めて数多くの現場に出かけている。

ネットメディアの多くは、新聞や週刊誌など一次情報を

他のメディアに依存していることが多く、

現実社会を大きく揺るがすようなニュースを提供する機会は限られている。

(もちろん、ネットメディア発の社会的ニュースもあるが)

 

自らの組織が何を最も求められているのか、

仕事のやり方が今の社会にとって本当に必要とされているのか、

社員が会社のやるべき仕事に真摯に取り組んでいるのか。

 

こういった視点を客観的に理解している経営者は、

日本全体で結構数少ない存在なのかもしれない。

だからこそ、目先の課題に汲々として、

自らが主体的になって変化を起こすことができないのではないか。

 

そんなことを考えさせられた新谷編集長の数多くの視点は、

まさに週刊文春というチームの働きを通じて、

色々なものを日本のビジネスパーソンに考えさせられるものである。

 

さて、私自身小さい世界とは言え、この著書でも数多く書かれる、

政治を生業として日々を過ごしているわけで、

どうしたら面白い人間として認められるか、

その客観的な視点を持ちながら、精進していきたい。

JUGEMテーマ:ビジネス

評価:
新谷 学
ダイヤモンド社
¥ 1,512
(2017-03-10)
コメント:さくっと読める。これから仕事を始める新入社員や、逆に新入社員を受け入れる企業の管理職にも読んでほしい一冊。仕事って楽しくやることが本旨であるはずですよね?

読書 | 22:04 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.