黒木町日記

実家のある福岡県の黒木町。2010年2月1日をもって、
八女市に吸収され、名前も聞く機会もめっきり減りました。
ちなみに、管理人は東京都暮らしを経て長崎県在住です。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 「変わらないもの、変わるもの。」成人式を迎えた皆さん方へ。
    深沢清 (01/03)
  • 今日見た夢の話 〜誇るべき先輩〜
    深沢清 (05/29)
  • 飲み屋のお姐さんに嫌われない方法〜嫌われる7つの振る舞いを避けよう〜
    光 (09/15)
  • 若者よ、失敗を恐るな。
    光 (07/06)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    光 (06/25)
  • 新しいことをやる人々は、周りにエネルギーを与えてくれる。
    深沢清 (06/25)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    光 (06/03)
  • ホンダジェット 開発リーダーが語る30年の全奇跡 前間孝則著 読了。
    深沢清 (06/03)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    光 (05/05)
  • 農協は地域でなにができるか -大分大山町農協の実践- 矢幡治美 著 読了
    深沢清 (05/05)
にほんブログ村参加してます。
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
学校の成績が上がる方法は何ですか?という愚問
こんな釣りタイトルに引かれてアクセスする人が今の日本でも沢山いるのでしょうか?
きっといると思います。

私は、この6年ほど受験を控えた中学生と一緒に勉強していますが、
本人以上に親が真剣になって「どうしたら成績が上がりますか?」と私に聞いてきます。

そこで、ちょっと冷静になって考えて欲しいのです。
というのは、私が高校入試をした24年前から、公立高校に受験生が挑む問題は基本的に変わっていません。(社会を除く)
つまりは、受験生やそこに向けた中学生を教える学習塾などもほとんど変わらず同じことを教えているんです。

その25年の間に、社会人として必要とされるスキルは変わっていないのでしょうか?
大企業や銀行に入れれば一生安泰の時代でしょうか?
また、公務員で定年まで働いて楽しいでしょうか?
一つの仕事に就いたとして、求められる業務スキルが20年不変でしょうか?
20年前パソコンやインターネットを使えこなせなくても仕事は出来ましたが、
オフィスワークで、それが出来ない人は働けますでしょうか?

つまり、残念ながら学校が求める学習スキルと、
世の中を生きていくために働く人に求められるスキルは、
年々乖離してその差が激しくなっているのが現実です。

確かに、小学生、中学生、高校生で学ぶ、
集団生活や基礎的学習能力、勉強する習慣付け、
学校生活で得るもの全てが無駄とは否定しません。
しかしながら、少なくとも、受験に向けた勉強がどの程度意味を持つのか、
5年間中学生と共に受験を眺めてきた私には疑問は増える一方です。

だからこそ、特に高校受験生までの勉強が苦手としている子どものお母さん方から、
「うちの子、どうしたら成績が上がりますか?」
という質問には、いつも本心を語っていないのが現実です。

いろいろな学習指導者が語っている通り、
受験はテクニックであり、学習内容やテスト形式が殆ど変化していない
高校受験(ペーパーテスト)においては、
受験に出る問題に慣れて、解けるコツを覚えるかどうかで点数や、合否が決まるのが現実です。

だからこそ、「出来るだけペーパーテストに対する
時間を費やすことをやめた方がよい」
それが私が、今中学生の保護者の方に声を大にして言いたい本心です。

勉強が得意な子は当たり前のことながら、
苦手である子は尚更、受験勉強以外のことに、
時間を費やして、中学生にしか出来ないことをやって欲しいと強く思います。

確かに、一つの目的に向かって集中するために、
受験勉強をするというプロセスから得るものもあるでしょう。
高校卒業までは、テストに追われるために、
その日暮らしを難なくやり過ごすために、
テストの乗り越え方を受験を通して身につけるのも無駄ではありません。

けれども、大学入試もAO入試など、目先のペーパーテストに寄らないものが増え、
大学以降の生活では覚えるものから、考える試験機会が増えつつあります。
そして、日々の仕事の大半は記憶よりも、考え方を問うものばかりです。
頭で覚えるだけの記憶は、インターネットや技術で代用が可能です。

成績が上がるための術を求めていて、先の将来が明るかった時代は終わりました。
今は、答えがない明日をどうやって過去の出来事から考えていくかが問われている時代です。

学校の成績を上げるためにお金を使って、
古い考えを押し付ける塾の先生に払うならば、
これまでに世の中になかったことを広めようとする
若い才能の持ち主にお金を払って、その人の生き様を観察してください。

若い才能溢れるプロゴルファーを観てもよい、
年少でJリーグで活躍するサッカー選手を応援してもよい、
年配の指揮者と互角に演奏する若いピアニストのコンサートに出掛けてもよい、
ベンチャー企業を率いようとする20代の起業家のコンテストを観るのもよい、
とにかく本物に触れることにお金を掛けて欲しいです。

今、多くの公立の小学、中学、高校で教えられる大半は、
過去の成功事例であり、今現代に活かされるものは微々たるものです。
それはお金を払うべきものではないのだから、
それに追従してテスト成績を上げるためにお金を掛けるのは間違っている。

私は、自ら勉強が苦手な子どもに学習指導しているからこそ自責を含めて繰り返します!
社会 | 19:56 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.